ハワイ移住5ヶ月目。英語が怖くなくなった日。

Hawaii移住 5ヶ月経過ハワイ生活日記
Hawaii移住 5ヶ月経過

 ハワイ移住をして、5ヶ月が経ちました。

子供達の変化と、私の変化を残しておきます。

やっぱり、移住5ヶ月時点での心境は、今しか綴れ無いものだから。

英語が怖くなくなって来た。

私は英語が話せません。今も、話せません。

だから、アメリカ人との会話が怖かった。何を言われてもわからない恐怖。

会話ができないことで、相手にため息を疲れる恐怖。

それと毎日戦って来ました。

アメリカ人と会話をする、それがストレスでした。

未だに何を言っているのか、わからないことが多いけれど、

「なんとかなるんだな」という気持ちで、恐怖感がなくなって来ました。

相手の言っていることがわからない、それは相手にとって不便で、失礼だとは思うのだけど、だからと言って逃げてるわけにもいかない。

ハワイからの電話は今までとることはありませんでしたが、今は一旦電話に出るようになりました。もちろん言っていることはわからないので、すぐに

「Please call my husband」と言います。

アメリカ人に対する恐怖がなくなって来たので、

病院へも1人で行くし、免許の更新も1人で行くし、とにかく1人で行動ができるようになりました。これは大きな変化。

本来ならば英語ができるようになってから、様々な行動をするべきなのでしょうけど。

子供7歳の変化

現地の子供と、遊ぶ姿が見られるようになって来ました。

まだ言葉は完璧では無いのですが、一言、一言が出てくるようになりました。

英語の本は読めないし、英語の文はかけません。日本語はまだ書けるので、全体的に日本語よりになっています。

子供5歳の変化

こちらも現地の子供と遊びはじめました。

英単語が出るようになりました。簡単な挨拶程度ならできるように。

アルファベット、ひらがな、カタカナがわかります。

7歳、5歳はここから、日本語の勉強を平行して行っていかなくてはいけません。

自分の時間を削って、子供たちの教育時間に当てます。

子供3歳の変化

びっくりです。現地アメリカ人に対して、物怖じせずに、堂々と、日本語で話しかけています。

一日約9時間、英語環境にいるというのに、日本語で生活しています。

言っていることはわかっているのか・・・。ただ耳から入ってくる英語をリピートしているので、耳は慣れているようです。

とにかく生活が苦しい。

物価が高いハワイで、給料が平均以下の私たち。

生活が厳しいです。もともと、夫がバリバリ働きたい人では無いため、

マネージャー職推薦の話も断り、将来は暗い。

特に今月は、12月。家族や友人にプレゼントを配る月で、お金が無いのにプレゼントを配りまくっていました。

「借金をしてでもクリスマスプレゼントは配るものだ」という夫に逆らえず、

赤字です。

移住5ヶ月まとめ

まだまだ、慣れない部分はありますが、だんだん、慣れてきたのは英語に対する恐怖心です。私は環境が100%日本語で過ごしているので、英語が聞ける、話せるレベルには到底行きませんが、自分のペースで頑張っていけたらな、と思っている次第であります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました