アメリカの小学生がならう算数、引き算。2

アメリカの小学生がならう引き算 子育て日記
アメリカの小学生がならう引き算

アメリカの小学生が習う算数。
今回は引き算です。

Count On 数える

15-9だとしたら、9+●が15になるのはいくつか?という考え方で
数えていく方法。9から数えはじめて、10、11、12、13・・・と
数えていきます。

13になるまで4カウントしたので、答えは4。

Make a ten 10をつくる

まず、10にすることを考える。15−9だったら、15からいくつ引けば
10になるのか?5。

15−5で先に10を作って、残りの4を10から引く。

Use Fact Family  

同じ結果になる式をFact Familyと呼ぶ。これを問われることがあります。

13-5=●、 13-●=5、5+●=13、●+5=13

●は全て同じ「8」が入る式です。

一つの式が例に出されて、Family はどれですか?
と聞かれることがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました