狭い部屋でもベッドで寝られる?狭くならないコツは?

狭い部屋はベッド?布団?インテリアとバッグ
狭い部屋はベッド?布団?

一人暮らしや、自宅で自分の部屋が狭い、布団にしようか、ベッドにしようか
・・・そう思っている方は多いです。

私も一人暮らしをして、4畳半の部屋に住んでいた時、布団にしようかベッドにしようか、迷いました。

布団にするメリット

布団にするメリットは、なんと言っても「畳めること」です。

コンパクトになることで、寝る時以外はそこを使えます。

布団にするデメリット

畳んだ布団を、収納する押入れが必要になってきます。今のワンルームは基本的にクローゼットが多く、畳んだ布団を綺麗に収納するような作りにはなっていません。

毎日、布団の上げ下ろしをするもの少し手間です。

ベッドにするメリット

ベッドは、布団のように上げ下げする必要がないので、基本的にそのままです。
メンテナンスが楽です。基本的にマットレスを選ぶので、寝心地を選べるのも良いです。

マットレスの選び方はコチラ

ベッドにするデメリット

ベッドは動かせないので、場所をとります。大きいので、搬入も大変です。
引越しをする際にも手間になります。捨てるにも一苦労。

こんな人には布団が良い!

  • いずれ引っ越す予定がある
  • 部屋が6畳以下
  • 押入れがある

このような人は、布団でも大丈夫!上げ下げ便利な、布団を使用しましょう。

収納場所がない人は、収納場所を作る必要があります。


こんな人にはベッドが良い!

  • 毎日の布団の上げ下ろしは苦痛
  • ベッドの上で一日ゴロゴロ過ごしたい
  • 部屋に来客がある

こんな方は、ベッドにしましょう。


狭いお部屋にオススメの、レアベッド

ベッドにも種類がたくさんあります。狭い部屋でも快適に過ごせるベッドでも、
特にお店にはなかなか売っていないレアベッドが、ネットではあります。

サイズが小さい、コンパクトベッド

通常、お店で売られているベッドは横幅のサイズが以下のサイズです。

  • シングル(98cm)
  • セミダブル(120cm)
  • ダブル(120cm)

ところがこれより小さな、「セミシングルサイズ」と言われる、より小さなサイズがあります。
幅は80cm〜85cmで、シングルサイズよりも10cmほど小さいサイズになります。

長さも、短いものがあります。
通常のベッドの長さは、日本で売られているものであれば195cmです。
(イケアはヨーロッパ基準なので200cm)

これよりも短い、「ショートサイズ」「コンパクトサイズ」のサイズのベッドがあります。
こちらは180cm〜190cmになります。

レアなコンパクトベッド特集

あまりお店やネットに出回らないのは、こんなに小さなサイズなのであまり売れない為です・・・!やはりお店は、売れるものを置かなくては商売になりませんから。だからレアなのです!情報が溢れるこのネットの中で、このコンパクトなベッドの情報にたどりつけたあなたはラッキーです!w

サイズが小さいコンパクトベッド*マットレスベッド

シンプルなマットレスベッドは、年代問わず人気です。

サイズが小さいコンパクトベッド*すのこベッド


すのこベッドは通気性が良く、丈夫です。寝る場所の下の部分に収納できるスペースもあります。
布団も使えます。

サイズが小さいコンパクトベッド*ロフトベッド


ロフトベッドは、ベッド下を有効活用できるのが良いですね。ソファや、デスクも置けます。

サイズが小さいコンパクトベッド*2段ベッド


子供部屋なら、2段ベッドがオススメ。お子様が小さい時にしか使わないので、コンパクトサイズで十分です。

サイズが小さいコンパクトベッド*収納ベッド


ベッド下がたっぷり収納になっているタイプ。ものが多い方にオススメ。まるでタンスですね。

サイズが小さいコンパクトベッド*収納ベッド大サイズ


ベッドの寝る部分が持ち上がり、ベッド下一面が収納になっています。大きなものもこちらにしまえます!

まとめ

私は4畳半の部屋に住んでいた時は布団を使用し、6畳のワンルームに住んでいた時にはショート丈のマットレスベッドを使用していました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました