インビザライン、体験ブログ。歯列矯正したい!

インビザライン、レビューブログ ハワイ生活日記
インビザライン、レビューブログ
歯列矯正、インビザライン体験ブログ

私は口元にコンプレックスを持っていました。横顔を見ると、口元が突き出している形。
最近だと、有村架純さんの妹、有村あいりさんが整形したことでわかりやすくなったかと思います。

同じ悩みをもつ人は、その勇気と結果に、注目しているのではないでしょうか。

この「ガミースマイル」コンプレックスを解消するにはいくつか方法がありますが、
それは別で語るとして。

私は「歯科矯正」によるインビザラインを選択しました。

にっこり笑いたい!

ファーストステップ:歯科選び

まず最初に、歯科矯正を行なっている歯医者さんを探しました。
ハワイでは、虫歯治療を専門としているドクターと、歯科矯正を専門としているドクターが別であることが多いです。

インターネットで歯科矯正を行なっている歯医者さんをいくつかピックアップ。

SNSの情報によると、いくつかの歯医者さんにいき、比較をした方が良いそうです。
価格もとても高額になるので。

私は近所の歯医者さんに決めました。

セカンドステップ:歯の診察とデータ取得

決めた歯医者さんへ行き、どのような悩みがあるか、どこを直したいのか、相談します。
歯の3Dデータもとります。今どのような形をしているかの3D画像データです。

今はこうなっていて、理想の形はこうだよね、という相談をして行きます。
そしてお見積もり。

ドキドキ診察

インビザラインの価格:ハワイ相場と日本の場合

ハワイでの相場は3000ドル(約30万円)〜6000ドル(約60万円)といったところです。私の場合の見積もりは5000ドルでした。(約50万円)

かなり幅があります。
日本でも同じ見積もりをとったことがあるのですが、日本の歯医者さんだと100万円〜150円でした。

インビザラインはアメリカの会社なので、日本でやれても、データをアメリカに送り、アメリカで整形して。という形を取るので、お金がかかるそうです。

サードステップ:実際のインビザラインを装着!

インビザラインは透明なピースです。歯にぱかっとはめるだけの簡単装着!ピースは透明で、プラスチックのような素材でできています。

インビザラインのピース

インビザラインのメリット

・取り外しが簡単
・付けていることがバレにくい
・そこまで痛くない
・衛生的
・最終的な形が目に見える

とにかく簡単に付け外しができます。ワイヤーだと取り外すことはできませんが、こちらは簡単に取り外しができます。

透明なので、付けていてもわかりにくいです。近くまで寄ればさすがにわかりますが、遠目だとほとんどわからないのではないでしょうか。

痛みは個人によるかと思いますが、私はそこまで痛みをかんじてません。

こちらのピースは個人のプランにもよりますが、私は一週間でつけかえているので、常に綺麗なピースをつけることができます。

ライナーは一度に全て渡されるので、「最終的な」歯の形を目で見ることができます。これは励みになりますね。

インビザラインのデメリット

・付けたまま飲食ができない
・ピースの洗浄が面倒

付けたまま飲食ができない、これが私が感じている最大のデメリットです。好きな時に飲食できない。食べ物はまあ我慢できるのですが、コーヒーなどをすすりながら勉強をするなんてことができないのです。

外せば良いのですが、1日22時間インビザラインをつける、という制約があるので、1日に外して良い時間は2時間のみ。朝食、昼食、夕食を食べると2時間なんて過ぎてしまいますので、コーヒーや紅茶などの飲み物は諦めらめました。食事の時だけ。

ピースは朝と夕方に通常の歯と同様に洗います。
歯にぴったりと密着させるので、歯もしっかりと磨いて、ピースもしっかりと磨かないと、虫歯になりやすくなってしまいます。

歯磨きしっかりしよう
歯磨きしっかりしよう

デメリットとメリット、双方考えるとメリットの方が多いので、私はインビザラインを選んでよかったなと思っています。

抜歯をする場合

歯列を整える際に、抜歯が必要な人は抜歯します。
私はなんと4本、健康な歯を抜くことになりました。
これは勇気がいりました・・・!

こちらハワイでは、歯列強制をするドクターと抜歯をするドクター(虫歯治療を行うドクター)は別のようで、違う歯医者さんへ行きました。

日本と異なる抜歯のやり方

日本で抜歯をするとなると、いきなり4〜5本抜いたりせずに、1日1本ベースで小分けにして抜いていくのが多くのパターンかと思います。

しかしアメリカでは、1日に一気に抜いてしまう方が主流なので、4本、麻酔を打って一気に抜いてしまいます!!

どちらが良いのかはわかりませんが、恐怖の日が1日で済むのは良いような気がします。

抜歯もお金がかかります。私は4本で600ドル(約6万円)かかりました。

リナレア
リナレア

痛い出費・・・しかしアメリカは歯科医療が高い・・・

期間は?経過は?

私の計画では、インビザライン終了まで1年〜1年半。
最初のラインと最後のラインを比べると、だいぶ形が違います。

現在インビザラインを付けて4ヶ月が経過しましたが、あまり変化はありません・・・。歯を抜いた部分が隙間になっていることくらいです。

また、経過を追ってブログに描いてみます。

一年後が楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました